艦これ レシピ 開発 流星改は幻の名機!開発できる中では最強の性能を誇る!流星改を手に入れるべし!

まとめ記事

いつもお読み頂きありがとうございます♪

それでは、
艦これ レシピ 開発 流星改は幻の名機!開発できる中では最強の性能を誇る!流星改を手に入れるべし!
の記事をお届けさせていただきます♪

➡彩雲はボス戦では必須! T字不利を回避し戦闘を有利に進めよ!

開発可能な中では最強の艦上攻撃機! 流星改!

流星改は艦これの中において、開発可能な艦上攻撃機の中では最高性能を誇る艦上攻撃機です。
これより上の攻撃機となると、天山一二型(友永隊)と天山(村田隊)、あとは流星(六〇一空)がありますが、どれも開発はできません。
まあ、天山一二型(友永隊)が開発できるなんて事になったらそれ以外の攻撃機の必要性がなくなるので当たり前といえば当たり前ですよね。


この流星改を開発で作ろうと思った場合は、秘書艦を空母系にして、

燃料20、弾薬60、鋼材10、ボーキ110

というレシピで開発可能です。
このレシピでは流星改の他、烈風、紫電改二、彗星一二型甲、彩雲等が狙えます。


ちなみに彩雲はもういらない、という場合は、上記レシピのボーキを100にすれば彩雲は出なくなります。

➡烈風かコモンかペンギンか?制空権の為、無我の境地で回すべし!!

スポンサーリンク

本当は存在しない? 幻の攻撃機

流星改、という事は流星の改良発展型だろう、と思われるのは当然でしょう。
実際その通りなのですが、史実では流星自体、大戦末期にようやく実戦配備が進められた機体であり、しかもその頃にはもう配備可能な空母もほぼ壊滅していたため、陸上機として運用されていました。


そんな状態だったので、流星改というのは史実では実戦配備どころか生産もされておらず、ただ流星のエンジンを別のものに載せ替えた試験機であったとも言われています。


そんな存在すら怪しい流星改ですが、艦これではまさしく流星の後継改良機として優れた性能を誇る艦上攻撃機として登場しました。
この機体も可能ならば是非数を揃えておきたい機体のひとつであることは間違いありません。
なかなか開発で出ませんけどね。


ちなみに本来「流星」は攻撃機ではなく爆撃機につけられるべき名前だったりします。
旧日本海軍では攻撃機には山に関連する語句を、そして爆撃機には星に関連する語句を名前として使用するのが慣例でした。
では何故流星は攻撃機なのに流星なのかと言いますと、これは爆撃機と攻撃機の両方の性能を併せ持った強力な機体を作ることを目標として計画、設計されたものであったためです。

艦これ レシピ 開発 流星改は幻の名機!開発できる中では最強の性能を誇る!流星改を手に入れるべし!
の記事をお届けしました♪
お読み頂きありがとうございました。
それでは、あなたの感想をお待ちしております。
まとめ記事

スポンサーリンク

◆あなたの感想を一言お願いします◆

メールアドレスが公開されることはありません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ